中古マンションを購入するとどんなメリットがあるのか…

中古マンションを購入すると、どんなメリットがあるのでしょうか…

ここでは中古マンションの価格的なことについて、少しクローズアップしてみます。

一般的にマンションの価格は、新築時からおよそ15年間ずっと下落し続けます。
少しショックも知れませんが、このことをご存知でない方々が結構います。

どこまで下落するかは物件の立地条件にもよりますが、およそ新築時の50%まで下落してしまいます。

でも、その後はなだらかな下落曲線を描いていくのが一般的…。

しかし、中古マンションは新築マンションのその傾向とははっきりと違った動きをします。

築15年ものの中古マンションは、下げきった価格価値なので、築15年から同30年まではほとんどダウンしません。

新築マンションは築15年前後にもなると、新築時より約5割程度ダウンしますが、中古マンションは新築に比べて価格が安いのが大きな魅力で、しかも中古マンションの場合はその後も価格が下がりません。

また、新築マンションで価格が安ければそれだけ住宅ローンの負担を軽くすることができますが、中古マンションに比べてかりに新築マンションと予算が同じでも、間違いなく新築よりもいいマンションを購入することが可能なのです。

中古マンションの魅力は、購入時の価格にもまして新築に比べて価格の下がり幅が小さいということ、これが最大の魅力でありメリットです。

築年数が浅いほど値下がり幅が大きいケースが一般的なのに対して、築10年前後を過ぎると、場合によっては価格が上がりはじめるケースもあるほどです。

これは、古い中古マンションであっても建物価値がゼロにはならないということであり、築10年前後から下落率が縮小していくといったことが一番の理由なのです。

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ