火災保険料が平均3.5%引き上げ、でも騙されてはいけない!

火災保険料は平成27年10月におよそ平均3.5%引き上げされました。

そもそも火災保険料の率というのをざっくり説明すると…

純保険料つまり事故発生時の保険金支払いにあてられるものと、付加保険料つまり保険会社の事業運営に必要な経費等にあてられる2つに分けられます。

だから、損害保険会社は平均3.5%の引き上げをもとに、今後は自社の火災保険料も上げてくるはずです。

しかし、この平均3.5%値上げに惑わされてはいけません。

平均での保険料率が値上げとなっても、実務的には新築一戸建ての所在やマンションの所在地などの構造級別などでその改定幅にはかなりバラつきがあるのが実情だからです。

当然、値下げされるケースもある…ということになります。

だから、損害保険会社から『保険料率が上がったので…』と言われたら、まずはなぜ上がるのかをはっきりと問い詰める必要があると思います。

実際、火災に強い一戸建ての耐火構造でも、東京や大阪などの地区では、逆に保険料は値下がりになるますから…。


マンションの火災保険料が値上がり!一体なぜ?

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ