管理費と修繕積立金が将来的に高くなる中古マンションを見分けるコツを教えます

中古マンションの中で、管理費と修繕積立金が安いマンションと高いマンションの「違い」をご存じでしょうか。

築15~20年の中古マンションの物件の中には、すでに管理費と修繕積立金が3万円以上に設定されていたり、逆に2万円以内と比較的安く抑えられているケースがあります。

この修繕積立金の金額の差って、一体どういうことを示しているのかを説明します。

そもそも管理費とは、マンションの建物自体の維持にかかる公共料金や、管理人などの人件費、さらに設備の点検費などに充てられます。

ですから基本的に管理費は築年数で大きく変動しないのが普通です。

新築マンションの場合、修繕積立金が非常に安く設定されていることがほとんどですが、築年数が経つと、売主からマンションの建物の老朽化とともに修繕積立金を値上げする…
そんな不条理な長期修繕計画が示される場合が多いものです。

つまり極端な話をすると、仮に中古マンションであれば、購入してから数年後に修繕積立金が倍になるなんてことも珍しくないのです。

では中古マンションの修繕積立金がどのくらいの相場かというと、築15~20年ならば15,000円以上は必要と考えておいた方がいいと思います。

逆に修繕積立金が安いと思われる中古マンションの場合は、近い将来に急激な値上げがある可能性があったり、あるいは一時負担金のような徴収があるかもしれない…ということを察していたほうがいいと思います。

このように修繕積立金がやけに安いな…ち少しでもそう感じる中古マンション物件は、将来的に積立金が急に高くなる可能性があるということを理解しておくことが、物件を見極める上でのコツになりそうです。

>中古マンションの修繕積立金がどんどん高くなる理由…

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ