あなたはマンションの「2020年問題」を知っていますか?

マンションの「2020年問題」をご存知でしょうか?

2020年の東京五輪・パラリンピック開催以降に、人口減少と高齢化でマンションの管理・修繕が行き届かず、価格が代暴落するというものです。

今、マンション建設が急ピッチで進む東京都心の開発整備のおかげで、
現在は分譲マンションの建設が大きな活況をみせています。

しかし、2020年以降のことをふと考えると、一体どうなるのか…
という思いは誰しもが何となく感じているところなのかも知れません。

例えば、恐ろしい話ですが都心のスラム化や資産価値ゼロ…
そんな危険性もはらんでるのです…。

その原因は、はやりマンションの維持・管理、そして修繕が適切に行われないまま、居住環境や周辺にも悪影響を与える…

こんな悪循環な管理不全マンションが増えることが懸念されているからです。

実は、この問題は今に始まったことでありません。

以前からマンション管理の問題や大規模修繕ができないマンションが多いことは指摘されているのです。

「2020年問題」はそこがより大きく強調されているにすぎません。
にもかかわらず、ほぼ的を得た問題になる可能性があるのです。

実際にマンション管理が適切に実施されておらず、マンションが老朽化しても修繕もままならない…
そんな状態の物件があまりにも多すぎるのです。

では、その対策をどうすればいいのかというと、やはり適正な修繕に必要な貯金、つまり修繕積立金を十分に確保できるかに尽きるのです。


マンションの2010年問題を解決してくれるカギは修繕積立金です!

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ