マンションの価格は誰が決める?

価格相場の面で考えると、一般の方は当然のように「中古のほうが安いに決まっている」と考えるでしょう。
確かにそうです。
しかし、必ずしも「安いから得」というわけではないのが不動産物件の難しいところです。

実は今後の不動産の価格相場を考える上で、中古物件の価格動向が一つの重要な指標、目安となります。

新築と中古の価格について、少しお話しますね。

◆新築マンションの値段
値段は誰がどう決める?かというと、言わずもがな、もちろん売主(ディベロッパー)が決めます。
どのように決めるかというと、その物件にかかったコストに一定の利益を乗せて機械的に決められるのです。

価格の構成的なことを言うと、新築マンションの価格は大きく分けて「土地取得コスト」「建物建築コスト」「諸経費」「利益」の4つの分けられます。

一方で…
◆中古マンションの値段
値段は誰がどう決める?かと言うと、この場合も売主が決めます。
でも、中古マンションの場合は正確にいうと、当初の売却希望価格の設定は売主が決めますが、最終的には買主が決めているのが現状なのです。


>結論から言うと中古マンションの値引き交渉は可能です

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ