リノベーションされた中古マンションは資産価値にプラスにならない

中古マンションを購入して、リフォームされた満足度100%の住まいでも、実際に売却する際の資産価値としてはプラスになりにくいというデメリットがあります。

こうして手に入れた満足度100%のマンションは、それなりのリフォーム費用がかかっていると思います。
結構大がかりなリノベーションとなると、その費用は最低でも500万円は必要で、1000万円を超える例も少なくないと聞きます。

しかし、もし中古マンションを購入するなら、売却する時のことを念頭に置いて選んだ方がいいのです。

それはつまり、イノベーション費用の掛け過ぎは、購入しようとしているお客さんにとってあまり関係ないものだからで、中古マンションの価値は間取りや設備についてはもちろん大事ですが、もっと大事なことは立地条件だということで、それはマンション全体の価値や共用空間なども含めた総合的なものだということです。

室内にかけた費用がそのまま価値(売り値)の上昇とはならないことに注意して中古マンションを選びましょう。

イノベーションされた中古マンションに一生住むならまだしも、もし売却を予定しているのなら、行き過ぎたリフォームはあまりしない方がいいと思います。


>中古マンションが新築マンションよりも高い?その理由とは…

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ