あえて築30年クラスの中古マンションを選ぶというメリット

中古マンションの選び方で、あえて築30年クラスの年代ものに限定する場合があります。

なぜかというと、単純に購入価格が安いからというだけでなく、中古マンションの方が大胆なリフォームができるからです。
利用者の好みの間取り大きくリフォームしやすいのです。

つまりリノベーションできる…ということ。

リノベーションとは、壁紙や床の材料を貼り替える程度の「リフォーム」と区別し、設備の刷新や間仕切り変更といった大掛かりな住宅改修のことを意味します。

もともとの中古マンションにはなかった設備を付け加えることで、新しい機能を持つマンションに生まれ変わるということになります。

例えば、食器洗浄乾燥機付きのシステムキッチンや床暖房、暖房便座・洗浄機能付き便器といった、30年前にはなかった設備を装備することができますし、さらに間取り自体を大きく変えることができます。

買主の思い通りに間取りを変更でいるというのが、リノベーションの醍醐味だと思います。

中古マンションの中にも間取りが個性的なマンションもありますが、どこを見ても同じような間取りが多いのが実態です。

好みの間取りを見つけても場所が気に入らないとか、場所はいいけど、中古マンションの間取り自体が好きになれないなど、なかなか思い通りにはならない。

そういう場合に、あえて築30年クラスの中古マンションを購入することで、大胆なリノベーションができちゃいます。
言い換えると、注文住宅を建てるような楽しみを味わいながらリノべ―ションができちゃうわけです。

リノベーションする際には制約がいろいろあり問題もたくさんあるようですが、それも楽しみと言える場合も多いのです。

その結果、でき上がった自宅マンションは満足度100%といったところでしょうか?

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ