火災保険に加入したい人が最も気になる保険料の相場を簡単に知る方法

初めて火災保険に加入する人が一番気になるのが保険料の相場のことです。

おそらくネット上で資料収集をやってみても、ハッキリとした火災保険の相場を把握することはできないはずです。

なぜなら、火災保険の保険料は契約する建物を保険会社などで査定してもらい、そして導き出された金額を参考にして初めて保険金額を設定するからです。

そこである例を言うと、仮に新築マンションの物件が評価額2,500万円と診断されたとします。
評価額が2500万円のマンションなのに、火災や損害が起きた場合のことも考えて、2500万円を超えた3,000万円の火災保険金額を設定しました。

このような場合、実際に建物の損害が起きた時に一体どれくらいの保険金額が渡されると思いますか?

実際、保険会社に3000万円を請求しても、最大で受け取れる金額は2,500万円です。

どうしてこれだけの保険金額しか支払われないのかというと、多めに保険金額を設定しても評価額以上は受け取れないルールとなっているからです。

評価額が2500万円なのに、それをさらに上回る無駄な保険料を多く払い続けてしまうと、余分な負担が増えることになってしまいます。

火災保険は本当にややこしので、理解するのに時間がかかります。

まず購入したい中古マンションが見つかったら、火災保険の資料請求や見積もり依頼をして、どのくらいの補償金額が必要か把握しておくことが大切です。

火災保険の相場を把握する近道は、見積り比較が最適なのです。

ネット上では三井住友海上や損保ジャパンなど大手から中企業まで、条件に合った最適な保険会社の見積もりを作成してホームページが開設されていますから、無料相談することをぜひおすすめします。


>とても重要な中古マンション管理会社のフロント体制

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ