誰も知らない不動産会社との仲介手数料をもっと安くしてもらう方法

もし中古マンションの購入価格が1000万円なら、不動産会社に入る仲介手数料は、買主と売主の両方から1,000万円の3%+6万円をもらえます。

つまり不動産会社にとっては72万円の収入です。

しかし、買主側と売主側にそれぞれ不動産会社がいると、36万円の収入しかりません。
このような場合、買主が値引きを迫ってもなかなか大きな値引きは期待できないわけです。

ではどのようにすれば売主との取引形態を確認できるのかというと、まず、ネットなどで中古マンションを探す時に「取引形態」を確認します。

その中で「媒介」と書いてあれば、不動産会社に直接電話して「この物件が売主からの直接依頼されている物件かそうでないか…

これを確認します。

もしその物件が他社取引であれば、その中古マンション物件を直接取引している不動産会社を探し出せばいいわけです。

しかし、不動産会社によってはお目当ての中古マンション物件がどこで直接取引できるのかを教えてくれない場合もあります。

そういうときは、売り出されているマンションの住民のふりをして、探りをいれることで、直接取引している不動産会社を教えてくれやすくなります。

あとは直接取引をしている不動産会社へ直接連絡して、交渉すればいいわけです。

連絡の仕方は「こちらの不動産会社が売り主と直接取引をしているということで電話しました。」とダイレクトに伝えた方が、後々、仲介手数料を値引きしてもらう際に優位に働くことがありますから参考にしてください。

ただ単に「安くしてください…」とお願いするよりも、このような言い方をした方が、相手に不動産の取引について知っているということをアピールしやすいですし、しかも不動産会社にとっても仲介手数料が買主、売主の双方からもらえるので、決して悪い話しではないはずですから…。


>火災保険に加入したい人が最も気になる保険料の相場を簡単に知る方法

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ