火災保険を見直すことで中古マンションの購入費用を安く抑えることができる

中古マンションの物件購入時に、金融機関や不動産会社などから勧められた火災保険に何もわからないまま加入してしまった…

そういう方も多いと思います。

実は別の保険会社のプランと比較してみると、案外、保険料をもっと安く抑えることができることも少なくありません。

そもそも火災保険は、法律で加入が義務づけられるものではなく、極端に言うと、実は入らなくてもいいものなのです。

でも、まわりの多くの方々がほとんどは加入する保険ですし、それだけ多くの方が加入されている保険にもかかわらず、中古マンションの物件購入時に、不動産会社から勧められたプランにとりあえず加入…。

購入後、見直しもされないままのケースがほとんどなのです。

契約内容すら把握していない…そんな例もあります。

長い間、更新だけしているというケースも多いのです。

火災保険の見直しは必ず必要です。

生命保険や自動車保険については、最近は「見直し」という言葉が盛んに使われるようになってきました。

でも、なぜか火災保険に関してはまだまだ見直すということ自体あまり知られてません。

火災保険はしっかり見直すようにしましょう。

特に、すでに何年間も同じ契約で更新し続けているという場合や、現在加入している火災保険プランの具体的な補償内容すら知らないという場合は、必ず見直し検討が必要です。

中古マンションの火災保険を見直すことで、実際に必要のない保障内容を省くことができたりできます。
必要のない無駄な保険料を払い続けずにすみます。

ぜひ見直してみて下さい。

 
>中古マンションの火災保険の相場を知る

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ