ほとんどの人が知らない中古マンションの探し方のコツ

中古マンションを探してさあ購入するって時には、ある程度の割り切りが必要なのですが、その割り切り方を説明します。

そこでまず中古マンションの探し方のコツですが、中古マンション探しに最初から多くを望まないことです。
ほしいと思う条件を一つでも二つでも下げることで、いろんな物件を選択することができるからです。

その代わりといってはなんですが、中古マンションの内装を大胆にリフォームする…という割り切り方の提案をおすすめします。

さらに、長く住むつもりで選び、売却時に欲は出さないことが中古マンションの探し方のコツです。

築年数が浅ければいいのですが、築年数30年ともなるともはや高く売却することはできません。
耐震構造上、あと30年も40年もそこに住むというのは難しいと思われる場合は、いずれ売却する道も念頭に置いておく必要があると思います。

そうであれば、長くても20年くらい住んで、元を取るという発想も重要なのです。

つまり、中古マンションの内装を大胆にリフォームすることで満足感の高い内装や間取り、そして快適な設備を味わうことで、たとえ中古マンションでも満足できる物件購入ができたと思えるのです。

中古マンションにすべての条件の揃った物件は存在しません。
ならば、足りない部分は室内の大胆なリフォームで理想の住まいを実現するという発想もあることを知っておきましょう。


>築20年以上の中古マンションに生じる意外なデメリット

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ