築20年以上の中古マンションに生じる意外なデメリット

築20年以上を超える中古マンションの価格相場は、通常の新築マンションの価格相場に比べると半値以下か高い物でも0.6掛けくらいで購入できる物件はたくさんえあります。

気に入った中古マンションを購入し、たとえフォームに費用をかけたとしても、新築マンションの価格に比べれば安く抑えることができる可能性は大きいのです。

そう、これが中古マンションの一番の大きな魅力です。

新築マンションに比べれるば、とても楽に購入することができる点は大きなメリットだと思います。

しかし、築20年という時間は中古マンションに致命的なダメージを生じさせるのに十分な期間だということを十分理解しておいたほうがいいと思います。

いろんな原因で中古マンションの寿命が短くなったり、住まいとして機能が低下・劣化していきます。

実際にどのようなデメリットがあるのか、あくまで一般論としてそのリスクを少し詳しくご説明します。

中には意外なデメリットもあるので少し戸惑うかもしれません。


>これだけは抑えておきたい火災保険選び考え方

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ