いざという時の火災保険には地震保険が付いていない!

火災保険については、それほど注目を集めているわけではないので、普段はあまりよく分からないという方も多いかと思います。

そんな火災保険について、中古マンションを購入する際に注意したい火災保険の内容に関して、少し詳しく説明します。

火災保険とは、損害保険の一つですが、主には家が火災になった場合に支払われる損害補償金が主なものです。

しかし、実は火災だけじゃなく落雷・風災・雪災など幅広く補償してくれる保険なので、加入している方がとても多いのが実情だと思います。

実際、自宅が火災にあうなんて昔は多かったのでしょうが、今では火災よりも地震などの自然災害の影響で家が傾いたり、倒壊したりと、地震で損害を被るケースが高くなってきました。

ただし、実は地震によって生じた損害や地震によって起こった火災による損害については、この火災保険では対象外となることをご存知でしょうか。

火災保険の補償の範囲は、各損保会社やプランによっても異なります。
その補償内容はあくまでも「火災・落雷・破裂・爆発・風災・ひょう災・雪災」などが基本です。

中古マンションの場合などは、基本的なプランで足りると思いますが、問題は地震の時です。

地震保険は別途加入していないと、火災保険だけでは地震・噴火または津波によって生じた火災などは補償されません。

地震によって生じた火災損害についても補償できるのは、契約の火災保険に地震保険を付けて加入する場合のみです。

この火災保険と地震保険は別物…
ということを知っておくことは重要です。

中古マンションの場合だと、もし地震保険に加入していないと地震によって生じた火災だけでなく、地震が原因で引き起こされた損害や火災、さらにマンション隣家に延焼して拡大していった損害までもが補償されませんので注意してくださいね。

>火災保険を必ず再調達価額に設定しておくべき本当の理由

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ