諸費用は住宅ローンの中に含めることができるのか?

中古マンションを購入する際に、諸費用やリフォーム費用を住宅ローンの中に組み込めるのか…
そんな疑問が生じますよね。

実はこれダメなんです。

基本的には、住宅ローンの中に諸費用まで組込んで借りることはできません。
本来は、諸費用やリフォーム費用は住宅ローンとは別にローン立てすることが原則です。

正直なところ、実際はお金を借り受ける金融機関の判断による部分も大きいようですが…。

諸費用として認められるケースとして引越し費用が10万円までとか、登記費用、銀行保証料、火災保険料、外構費などがそれに該当します。

もちろん家具購入費用もダメです。

たとえば住宅ローンと別に組む場合、諸費用ローンなら物件価格の5~10%まで借りられたりするケースや、一律400万円までまで借りられるといった金融機関もあります。

リフォームローンだと、リフォームの見積りをまず先に提出しなければならない…などの制約を受ける場合もあります。

このように金融機関によっては、諸費用などを住宅ローンの中に含めずに別金利で組まなければならない…そういうケースもあります。

ですから、あらかじめ窓口に行って相談することをおすすめします。


>中古マンションへの関心は低いけど…今から選ぶ人は間違いなく増えていく…

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ