仲介手数料を割引してくれる?中古マンション物件を取り扱うインターネット業者

中古マンションを購入する際、購入金額とは別に必要な仲介手数料やその他の諸経費、いわゆる初期費用がどのくらいかかるのか…
その金額については、契約成立前までにならないとはなかなかわかりません。

物件価格や、いつから住み始められるのか、など目先の言葉ばかりがどうしても気になってしまい、諸経費など初期費用がどれくらいかかるかなんて思いもつかないのです。

契約するときに考えればいい…
そう考えてしまいます。

でも、意外とかかってしまうのが初期費用です。

そんな初期費用を1円でも安くするための方法についてご紹介します。

諸経費を節約したいなら、まずはなるべく仲介手数料が安い仲介業者を探さことが最優先です。

例えば、物件価格が1000万円を超える場合、宅地建物取引業法に定める仲介手数料は、1,000万円×3%+6万円×1.05(消費税)=378,000円)が上限となります.。

実はこの金額、交渉次第によっては少し値引きしてくれる場合があります。

どういう場合に値引きされるかというと、最近では、インターネット上で中古マンションを扱っている不動産業者が多くありますよね。

そのホームページを見ると「手数料割引が半額…」といった「インターネット仲介」を盛んに取り扱っている仲介業者も見受けられます。
これは必見です。

インターネットサイトで扱っている中古マンション不動産業者がおすすめな理由は、やはり仲介手数料をかなり割り引いてくれることです。

なぜかというと、仲介手数料を中古マンションの売主が支払うケースがあるからです。

つまり売主側が物件を早く売りたかったり、売却資金を早く調達したかったりする場合、買い主が早く付くように売主側が仲介手数料の半分を負担してりする場合があるからです。

これで100万円以上の節約が出来るなんて、買い手側にとってはうれしい限りだと思います。

さらに、仲介手数料とは別に物件価格の値引き交渉などもできる場合がありますから、不動産業者に問い合わせてみるといいでしょう。


>持ち運びに便利で情報量の充実した中古マンションの物件情報誌

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ