物件価格の安さが中古マンションの一番の魅力

中古マンションを選ぶ方々の多くはライフスタイルの達人が多いように思います。

最近の傾向は、新築で4000万円や5000万円のマンションを購入するよりも、築10年前後のお値打ち中古マンションを購入して、住む人に合ったライフスタイルにリフォームする方々が多くなっていることからもわかります。

新築マンションは一度に何十戸の販売しなければならない…
そんな物件の特性から、万人受けする間取りが基本です。

しかし、近年では「自分らしさ」を追求する方々が増え、お値打ちの中古マンション購入して、個性的で魅力ある住まいにリフォームするという考えが浸透してきたように思います。

例えば…

新築マンションを購入するために4000万円をだすのであれば、築10年前後の2000万円の中古マンションをおよそ300万円かけてリフォームした方が、自分のスタイルにあった住みやすい空間になる…
といった感じです。

それに住宅ローンの毎月の支払額もお得です。
4000万円の新築マンションの場合だと、35後の総支払額は5560万円、月々の返済額はおよそ130,000円なのに対し、2300万円の中古マンションの場合だと、35後の総支払額は3200万円、月々の返済額はおよそ75,000円です。

支払額にこれだけの差が生じるのであれば、やはり中古マンションを購入する人が増えるのにもうなずけますよね。

しかも、新築マンションの場合、築10年でその価値は約半値になってしまうというのは、今や常識ですし、そんな実情を考えると、本当にお金に余裕があり、現金でマンションを購入できる方やどうしても中古マンション物件は駄目…

という方以外は、ぜったいに中古マンションをおすすめします。

しかも、中古マンションの場合、金融機関の住宅ローンやリフォームローンなどを上手く利用すれば、もっと賢く中古マンションを購入することができるんですよ!


中古マンションを購入するとどんなメリットがあるのか…

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ