修繕積立金が最初から安く設定されている新築分譲マンションに注意

中古マンションの修繕積立金は、一般的に新規マンションよりも高くなっています。
これは、中古マンションの方がハッキリとした修繕計画を建てている場合が多ためで、それだけ修繕費用がかかるものとしてしっかりとした計画が建てられているからです。

一方で新規分譲の新築マンションは、デベロッパーが作成した長期修繕計画が存在しますが、その長期修繕計画には甘いワナがかけられていることに注意しましょう。

新規マンションの場合だと、分譲時から修繕積立費用が変わっていないと、修繕計画内容の見直しがなされていない…そう考えて間違いないと思います。
そんなマンションは長期修繕計画が存在しないのと同然です。
新規分譲マンションの修繕計画は現実にあっていない…
そう言えると思います。

なぜ新築マンションの修繕計画があいまいかというと、新規分譲マンションは最初から売りやすくするために、デベロッパーが初期の修繕積立金を極力安く設定しているからです。

その分、新築マンションはあとで積立金の額を段階的に値上げしたり、途中で一時金を徴収したりして帳尻を合わせるような計画になっています。
もちろんすべての新築マンションがそうであるとは限りませんが、多くの場合はそうなのです。

中には分譲価格を安く見せるために、わざと修繕積立金を安くみせているマンションもあるようです。
このように毎月の支払総額を低く見せているケースもありますので、注意して価格を見極めることが必要だと思います。


>新築マンションの修繕積立金相場は購入判断の材料とならない…のワケ

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ