中古マンションの選び方とその判断基準には不安も…

中古マンションを購入する人にとって、その選び方の判断基準は実際に物件を見る、見てみる、見させてもらう…
こういう方法しかありません。

それ以外、中古マンションの建物内部がどうなっているかなど全く分からないのです。

工事中の新築マンションを買うのと違って、実際の景色や日当たりの具合、管理状態を確かめることができるというメリットがあるのは確かですが、それだけでは中古マンションに対する住まいへの安心は完全なものじゃないと思います。

また、新築マンションでは最長10年のアフターサービスと定期的な点検なども行なわれますが、中古マンションにはアフターサービス期間内であっても分譲主からの保証を受けることがほとんどありません。

瑕疵担保についても同様です。
対象者は、あくまで分譲時の買い手のみに限られます。

いざ、中古マンションを購入した後に、これまでに表面化していなかった欠陥が出てきたら…
そんな場合には、対策がないというのが現実です。

中古マンションを選びたいという人にとって、これではやはり購入に不安を拭いきれないのもうなずけますよね。


>中古マンションの選び方とその拠り所は…

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ