中古マンションを購入する際の不動産業者の条件とは?

中古マンション探しの際、お客さんの窓口になるのが○○不動産の営業マンです。

仮にその中古マンションを購入するとなると、手数料がいくならになるのか、
お解りですか?

手数料は宅地建物取引業法の中で、決められています。

売買金額の3.15%に63,000円を上乗せしたもの。

これが不動産業者側へ支払われる上限です。

4千万円の中古マンションだと約132万円にも及びますよね。

この金額、安くはないですよね。

よく中古マンションの内覧会に行くと、○○不動産の営業マンさんから、
部屋の間取りや設備の説明を受けますよね。

でもその内容は、「対面キッチンです。」とか「4LDKです。」とか、
見ればわかるような説明ばかり…。

なぜかというと、不動産会社の建物に熟知していないんです。

「収納にこんなものが入ります。」とか「こうすればこんな家具が配置できます。」
というリフォーム案も説明して欲しいもの。

ですから、中古マンションを購入する際の「良い業者の条件」とは…
建物に詳しいこと、建物に情報豊富な業者なのです。

そんな不動産業者を探しましょう。

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ