中古マンションは一体何年後に立て替えられるのか?

マンションは一体何年で立て替えられるのかご存知ですか?

売り出されている中古マンションを見ていても、
築40年や築50年といった物件を見かけるのは難しいですよね。

つまりこのことからも分かるように、おおよそ築50年足らずで、
建て替えを検討し始めるマンションが多いということです。

マンションは古くなると、立て替えやリフォームの検討が必要ですが、
そんな検討すら容易ではない場合があります。

現実はほとんどが建て替えが出来ないマンションです。

なぜだか分かりますか?

理由は、建て替えたい時にはマンション所有者の4/5以上の賛成が必要だから…
なんです。

所有者の中には立て替え費用を捻出できない人もいるし、また築数十年経った
マンションには、ほとんどが高齢者なので、これから大金をはたいてまで
マンションに費やそうとしない。

これが現状です。

このような背景があることも、マンションの建て替えがなかなか行われない、
理由の1つなのです。

現在、都心などで高層マンションの建築ラッシュが続いていますが、
そんなマンションでは100年マンションと言われています。

今後100年は立て替えられない…
といううたい文句ですが、果たしてどうなるのでしょうか?

実際のところどうなるかは誰もわかりません。

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ