中古マンションの価格交渉はどのように進めればいいの?

中古マンションの価格交渉をする場合、仲介している不動産会社と価格交渉をした方がいいのか…それとも売主と直接、価格交渉をした方がいいのか…
気に入った中古マンションがやっと見つかったのに、どのように価格交渉を進めればいいのか迷いますよね?

実は、この中古マンションの価格交渉は各々で物件の評価が全然違います。
これは売出してからの期間、売主の残債務、売出し価格と相場との関係、引き合い状況等々によって評価が違うからです。
ですから一概にどちらの価格交渉の仕方がいいのかは言えない…
これが本音です。

でもここで注意したいのが中古マンションの相場観を把握しておくこと。
価格交渉の値引として相手に打診する場合、失礼のない範囲はおおよそ5~10%の間。
この値引率を把握して相手に打診することをオススメします。

さらに、もしその中古マンションを買う気がまだ固まっていないのであれば…
そんな場合は、仲介業者へ物件の価格的な相談をすることも良い方法です。
このような場合は、仲介業者へ中古マンションの評価額をある程度聞くことで、売主への直接の打診は控えた方がいいでしょう。

しかし、どうしても欲しい中古マンションが見つかったのであれば、価格交渉の中で少し強気になることも一つの手です。
つまり、相手にこちらが「本気だ」という姿勢を見せることも大事ということです。
例えば、2000万円の物件なら…
「資金が1800万円までしか無理なのだが、なんとかならないか?」とか、「物件が気に入っているので、是非買いたいと思うのだが…」などの意志を伝える方法です。
買い手が本気なら、仲介業者同士で連絡をとって売主と本気で交渉してくれる可能性が高いのです。
しかも買主が本気度を示した場合、価格交渉のメリットもあります。
どういうことかというと、売主も「いくらじゃないと買えない」と言われたら、当初の腹づもりを越えた値引を受け入れる可能性もある…
そんなメリットです。

中古マンションの適正な相場観を考慮して、値引きの感触をさぐる…
そして買う気持ちが固まったら本気で交渉する…
これが中古マンションを価格交渉する上で最も重要なポイントなのです。

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ