仲介手数料を安く抑えるために知っておくべきこと…

中古マンションを購入する場合、価格を値引きすることは重要です。
ただ、中古マンションという物件価格だけの値引きをしても、大きく安くなることはありません。

理由は簡単です。

中古マンションの物件価格は新築マンションに比べて、不動産業者の広告宣伝費用が入っていませんし、建築後の年数も経っていることから、ほぼ現存価値まで落ちてしまった価格になってしまっているからです。

中古マンション本体価格の値引きだけをお願いしても、値引き幅はそう大きくはないのです。

ではどうすればいいか…

マンション本体の値引きだけを考えずに、「総支払い金額」がどれだけ減るかをもっと考えることが重要です。

ポイントは仲介手数料です。

中古マンションを購入する場合は、不動産会社に仲介してもらい、買主と売主のスムーズな契約行為ができるように代理人的な手助けをしてもらいます。

これは仲介手数料として不動産会社に支払われる諸費用の一部として含まれる金額なのですが、実はこの金額については中古マンション本体の価格の次に大きな費用となることをご存知でしょうか?

つまり、この仲介手数料が値引き出来れば中古マンションをさらに大きく値引きしてもらえることになるわけです。

そこで、まずは仲介手数料の仕組みを確認しておきましょう。

そもそも仲介手数料がどのように決まるかというと、仲介手数料を算出できる明確なルールがそこにはあります。

金額算出のルールは「物件の本体価格(消費税抜き)の3%+6万円」です。

多くの不動産会社はこの「3%+6万円」という金額を買い主に請求してきます。
仮に価格が2000万円の中古マンションなら仲介手数料が66万円、3000万円なら96万円です。

この金額、高いと思いませんか?

もちろん、この請求は合法なので間違ってはいませんが、少しでも安くしたいと思っている買い主にとっては負担が大きすぎますよね。

そこで知っておくべきことがあります。
この「3%+6万円」で算出される仲介手数料の金額は「受け取ることが出来る最高金額」というだけであって、必ずしもその金額じゃないとダメという訳ではない…

ということです。


>不動産会社の取引形態を知ると仲介手数料がもっと安くなる…かも!?

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ