最初から一生そこに住むつもりで購入しなくてもいいじゃない…マンションの住まい

マンションを購入するなら、不動産としての価値が高く、しかもスペックの高い新築マンションにするか…
それとも購入価格が手頃で、しかも立地の良い中古マンションにするか…
多くの人がそこで迷います。

ではもし、新築マンションと同じ価格で広さが倍、しかも立地条件のいい中古マンションが手に入るとしたら、あなたは新築と中古のどちらを選びますか?

断然、中古マンションですよね。

「新築マンションは割高だし資産価値がどんどん下がってしまう…」

これがまず第一の理由です。

新築マンションと中古マンションの両方に実際住んでみると、やはり中古マンションの方がお得なんだ…
初めてそういう実感をもつようになります。

若い世代の人は、どうしても新築マンションを購入したいと考えますが、でも最初は新築マンションの価格がどうしても高く設定されているので、迷い、悩んでしまうわけです。

そこで提案です。
住まいって、は最初から一生そこに住むつもりで購入しなくてもいいと思いませんか?

まずは中古マンションから…、中古マンションを買って、子どもができたら広めのマンションか新築一戸建てに住み替える…。
そんな考え方もありだと思います。

例えば、子どもが巣立って夫婦二人きりになったら、今の住まいを売却して買い物や通院に便利なコンパクトな新築マンションに住み替えることだってできます。

どこかで聞いたような文句かもしれませんが、住まいは一生の買い物ではなく、最低3回は買い替える…
そういうことわざがありますが、あながち嘘ではないのかもしれません。


中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ