仲介手数料の割引っていくら?

中古マンションを購入する時、
取り扱っている不動産業者へ購入時の仲介手数料を支払う必要があるんです。

知ってましたか?

その仲介手数料って、基本的に物件の売買金額の3%+60000円で、

例えば、2000万円の中古マンションだとしますよね、

2000万円の3%+60,000円で660,000円が仲介手数料となります。

つまり、購入者は2,066万円+その他諸費用(登記等)が必要、
となるわけです。

法律上、これ以上の手数料は不動産業者はもらってはいけないことに
なっています。

そこで、よく聞く話があります。

ある不動産業は「手数料を○○%割引します。」

なんていう不動産屋さんがいます。

これって怪しんじゃないの?

ってね。

でも、「仲介手数料3%」というのは決まり事ですから、
それ以上の金額を要求してくる不動産業者はいません。

「手数料を○○%割引します。」というのは、おそらく660,000円から割り引く、
企業努力をする、という業者がほとんどなんですよ。

中古マンションを購入する人にとっては、出来るだけ安く買いたい、
売主にとっては、出来るだけ高く売りたい、
そう思うことは常識ですよね。

だから、昨今のいわゆる不動産業の不景気で、
不動産業者も仲介手数料100%要求できなくなってきている?

そんな気がします。

不動産業者の「仲介手数料を割引します。」という営業文句から、
そのような背景が浮かび上がるんですよ。

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ