中古マンション購入には自己資金がどれくらい必要?

中古マンションを購入する際、どのくらい自己資金を準備しておけばいいでしょうか?

その目安は物件価格の1割です。

でも実際は多ければ多いほどいい。

例えば「住みたい」と思う中古マンションの物件が、およそ2,000万円で売られているとしますよね。

そうすると自己資金は200万円を用意しておきたい…

でも「いますぐ買うつもりではないが1、2年後には」と考えれば、今が購入のための貯蓄をはじめるいいタイミングかもしれません。

今、もし自己資金に充てられる貯蓄があると、「気に入った物件を即購入…」ということもできます。

「自己資金があっても、、そんなにすぐ購入なんて出来ないよ…」

そんなことを考えている方、実はそれは間違いなのです。

中古マンションを購入する場合、人気物件は販売開始から1日もかからずに買手が決まることだってあるのです。

このようなことは珍しいことじゃないし、他の似た条件の買主と、競合するケースだってあるのです。

ですから、購入する準備として、自己資金があって即購入できる状態であれば、チャンスを逃すこともありませんよ。

中古マンション購入のテクニック

新築一戸建ての家づくりに成功する秘訣

積水ハウスシャーウッドの住み心地

本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

狭小住宅のススメ